川口市の特殊清掃ならお任せ下さい。

ジャストナウサービス
お問合せ
遺品整理 特殊清掃

川口市の特殊清掃【ポイントとFAQ】

川口市で特殊清掃に対応しているのが私たちの会社の特徴です。最近は孤独死をする人が増えています。マンションやアパートで一人暮らしをして、部屋の中で亡くなってしまい、しばらく誰にも発見されないでいるのです。そうなると、現場は悪臭がして、体液が出ているため衛生的に危険な環境となっています。そのため、普通に清掃をするだけでは対処することができず、作業には危険が伴います。そこで、特殊清掃のサービスの出番となるのです。私たちは孤独死などで変死体のあった部屋の清掃をすることができます。具体

特殊清掃 川口市

的には体液や血液の除去をしたり、腐敗臭を消したりすることが可能です。除菌もしっかりと行って、室内の状況を以前の状態に戻して原状回復することができます。特殊清掃にトータルで対応することができるのが強みです。迅速に作業を進めて、料金は明確であり、さまざまな希望にできるだけ対応します。害虫駆除や汚物除去といった作業をすることも可能です。同時に遺品整理を進めることもでき、部屋の整理を行います。たとえば、マンションやアパートのオーナーをしていると、特殊清掃を頼みたいケースが多いでしょう。そんなときには、株式会社スピリット(ジャストナウサービス)をいつでも頼ってください。

01川口市の特殊清掃業者が行う清掃業務内容とは?

近年はハウスクリーニングを専門業者に依頼する人が増えていることもあり、清掃業者が増加しています。他社との差別化を図るため、各社が独自のサービスを提供し、需要の拡大を狙っています。そのような中で一般の清掃とは全く異なる”特殊清掃”業者があるのをご存知でしょうか。まずは、どんな「特殊性」があるのか疑問を持たれるでしょう。
特殊清掃とは、一般的に独居死や孤独死等の変死体現場の体液や血液の除去、腐敗臭の消臭や除菌などを行い、現状回復するトータルのサービスのことです。事件や事故現場でも同じことが言えます。
核家族化により、身内の方がお部屋で亡くなり、その発見が遅れると腐敗が進み、害虫の発生や強い異臭を放つことになります。このような現場は通常の清掃とは全く異なる手順で処置を進めなくてはいけません。さらに精神的なタフさも必要になります。よって、あらゆる現場を経験してきた専門知識のある清掃士がいる特殊清掃会社へ協力が求められるのです。
川口市の特殊清掃業者は事件現場特殊清掃センターの協会員であり、有資格者が在籍している会社です。
ご家族や管理会社など、ご依頼者様に代わり、的確な優先順位で速やかに対処を進めてくれます。守秘義務も徹底していますので、安心して依頼出来ます。

02初めての方にお伝えしたい特殊清掃業者の必要性について

自殺や病死、殺人事件や死亡事故など様々な理由で住人が亡くなり、放置された遺体の現場があります。このような現場を処理し、再び人が住める状態に完全に復旧させるサービスを行うのが特殊清掃業者です。
遺体が発見されると警察により遺体は搬出されますが、死の痕跡が色濃く残された現場は凄惨を極めた状況であることが少なくありません。耐えがたい腐敗臭と害虫に埋もれた現場を故人の家族や物件の家主が行うことは不可能なため、依頼を受けて特殊清掃業者が原状回復を行います。強力な脱臭や除菌、体液や血液の除去、残置物の撤去や補修、清掃など状況に応じて対応します。
そのようなケースがご自身の物件で起こらないとは限りませんので、不動産管理会社や管理人様、家主様はあらゆる可能性を踏まえておく覚悟が必要でしょう。

初めての方にお伝えしたい特殊清掃業者の必要性について

住民の方の保証人や緊急時の連絡先、ご家族情報などが正確なものであるか、万が一のケースに備えて特殊清掃業者がお近くに存在するのかも把握しておくのが望ましいです。
集合住宅であればご近所へのクレームや風評被害を受けることに繋がりかねませんので、迅速な対応ができるような対策を取っておくことが賢いと言えます。

03遺品整理に関することで良くある3つのお悩み

特殊清掃とは遺体が放置された場所の遺体痕処理や消臭、消毒、害虫駆除、残置物・不用品撤去から遺品処分、ゴミ屋敷の清掃など、通常の清掃業者では対応出来ない特殊な清掃のことを指し、専業とする業者があります。
そのような特殊な現場はごくまれなものと思う方もいるかもしれませんが、実際にはそういった現場は絶えずあるのが現実です。
「まさか」と言うような、身内の悲しい現状を目の当たりにされ、特殊清掃が必要となった方が持たれることの多い3つのお悩みについて挙げてみましょう。

1.故人の保険証や免許証など貴重品を探したいが自分では立ち入る勇気がない

2.あまりにひどい状態なので現状回復出来るのか不安である

3.立会いなしで依頼出来るのか

特殊清掃業者へ依頼する必要のある現場は、一般の方が立ち入るのは困難な状態であるため、探したいものがある場合は業者に依頼し探してもらいます。そして、作業が完了するまではご依頼者様の立会いなしで進めるのが一般的です。
お部屋を元の状態に戻し明け渡しできるようにするのが特殊清掃の目的ですから、重症度が大きい場合は修復工事も必要となるでしょう。
賃貸物件の場合は賃貸契約時の規約違反があると損害賠償へ発展する可能性があるため、原状回復工事を数多く経験している業者に依頼するのが賢いと言えます。

04特殊清掃の種類とは?清掃の内容についてご説明

孤独死の現場や事故現場、遺品整理の現場における「特殊清掃」は主に2つの種類があります。一つは「人体液・血痕」、もう一つは「ゴミ・汚物」への処理です。それぞれの対応について見ていきましょう。
人体液・血痕の清掃 孤独死や事故現場には多くの場合、血痕が残されています。血痕は放置し、時間が経過すると臭気がひどくなり、通常の清掃では除去しきれません。専用の薬剤と機材にてしっかりと除去、消臭、清掃が行われます。人体液も同様であり、ハエやウジなど害虫の発生源となります。床の下までしみている場合は臭気が取れなかったり、床裏の内部まで浸食している可能性が高いため、床の張替えリフォームが必須となることが多いです。
ゴミ・汚物の清掃 ゴミ屋敷には「物で溢れているタイプ」と「生ごみが堆積しているタイプ」があります。長期間放置している場合、汚れと悪臭がひどく、ネズミや害虫も発生しており特殊清掃が必要となります。また、汚物を室内に放置している場合は通常の清掃では全く歯が立ちません。人糞はもちろん、ペットの世話を放置した現場でも同様の悪臭を放っていますので、オゾンによる臭気の除去や清掃、床材や壁材などのリフォームが必要となる場合も少なくありません。
特殊清掃は経験の豊富な有資格者の特殊清掃士が行わなければ適切な処置が出来ないものですので、業者を探す際には有資格者を要する会社を選びましょう。

FAQ一覧

このページの先頭に戻る